トトイコビッチと日記

<< ベービーアイラービュー | main | ついちゃってですむか! >>
[ - ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
[ ムービー ] 海月 17:55

アカルイミライ 通常版 アカルイミライ 通常版
出演:オダギリジョー 浅野忠信
監督:黒沢清
かなりのほっぽりだされっぷりでした。

ラストも、じゃ、みたいな感じでおしまい。そしてどんな気持ちにさせられたかというとものすごく切ないです。原因や理由なんか無くても世間を「生きる」のがどうやったって難しい人間というのは居て、それでも死ぬわけにいかない人は生きて、アカルイミライに向かおうとするのだけど、そんなもの、そもそもあるのかさえ解らないし、あったとしてそれに気づけるかどうかだって大変なことだ。別にそういう人のための救済の映画ではないし、答えをくれたりもしない。でも、共感とか同調とかの更に先にある何かを確かに感じたんだけど、言葉に出来ないです悔しい。あと3回見たら少しは掴めるかも。あたしがこの映画をどうしても理解したいのには理由があって、そのことがわかっているから、何度もみたいと思う映画になったけど、そうじゃなかったら苦しくてたぶんもう二度と見たくない。
全編デジタルカメラで撮影をしたようだけど、時々画像がとても荒くなったり固定カメラの映像になったりその変わりようの意図をいまいち掴めなかった。誰か教えてください。
あと、オダギリジョーの心が浄化される場面が少し直接的な台詞だったのは残念だったなあ(これじゃあ「グッド・ウィル・ハンティング」だよ!と思った)。「いけ」と「待て」のサインもあの場面のためだけにあるような気がしたなあ。うーん、うーん、難しい。クラゲが出てくる場面は全部美しくて、ちょっと飼いたくなったけど。あと加瀬亮が少し出てくるのだけど、ジョーより浅野よりかっこよかった。普通の男の子なんだけどそこが。あと藤竜也。でも、死んだ浅野が何度か登場するのだけど、死んだからと言ってそう簡単に親子間の何かがうまいこと行くかと言えばそうでもないような気がする。
THE BACK HORNの「未来」もラストシーンに合っていて、映画を見る前からこの曲を耳にすると「アカルイミライ」という字面が浮かぶほどでした。

だけど、だけど好きかと言われると、むしろ、きらいな映画。
comments(2)
[ - ] スポンサーサイト 17:55
-
コメント
へぇー。きらいな映画なんだ?
私は観た事ないんだけど、今日・・・たった今【アカルイミライ】について考えていて、マメ嬢のブログにひっさしぶりにお邪魔したらこの映画について書いてあるではないか!!!
ドラマの『僕らはみんな生きている』観た事ある?何だかジョーって格好良いけど、可愛いよね。
| みつ | 2006/03/31 10:40 PM |
これを好きな映画として挙げる人が居たら、ちょっと話をしてみたいかも
しかし、それはそれは奇遇だったね!

そのドラマわかんないよーテレビでジョーを見たことはあんまり無い気がする(時効警察除く)
| まめ | 2006/04/01 1:54 PM |











S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>