トトイコビッチと日記

<< バディ | main | 洗うのが面倒そうでもある >>
[ - ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
[ 読んだり読まれたり ] ぎょぼー 19:37
ツタヤで漫画を借りてきて休みの日に喫茶漫画をひらいております。要するに何もしないで漫画ばっかり読んでます。以下読んだ漫画覚え書き。

NHKにようこそ! (1)NHKにようこそ!

滝本 竜彦, 大岩 ケンヂ
1巻読んで面白い!と思ったのだけど、展開が強引なところがたくさんあってついていくのが面倒臭くなった。あんまりぐっとこない。

華物語 華物語

埜納 タオ, 槙 佑子
生々しさなんて無くても、時々こういう漫画が読みたくなって、それを期待してもたまにそれはないんじゃないかなあということの運ばれ方をしたりしてがっかりすることもあったりするけど(それが何かうまく言えないのがもやもやするけど)、これは素直にいい話だと思えて、あたりだった。あ、でも「新年に愛でる万年青(おもと)」の回での嫁と姑のやりとりには違和感を感じたなあ。ああいう関係なんてあるわけ無いなんていう意地悪なことじゃなくて、感謝の言葉が直接的すぎて、そのほかは全部うまく描かれているのに浮いてしまっているような気が。

笑えない理由 (4) 笑えない理由

望月 花梨
かわいらしい絵柄の中高生向けまんがを読むのは本当に久しぶりなのだけれど、そして他の短編を読む限りそれだけではない漫画なのは確かなんだけど、相変わらず友達にからかわれてつい「ちがっあんなブスぜんぜん好きじゃねえよ!」とか叫ぶ→立ち聞きしてしまって逃げる→追いかける→「ほんとは好きなんだ!」ていう展開が廃れていないのに驚いた。すげえな。誤解させるにはその手しかないのか。

きせかえユカちゃん 1 (1) きせかえユカちゃん

東村 アキコ
某質問板で男が読んでもおもしろいと思われる少女マンガとして挙げられていて見たことも聞いたこともなかったので読んでみた、ら、ちょっと前にマンガノゲンバ(NHKBS・この回のこの漫画については見ていたのに同じ回の鈴木志保を見逃していたのは大変に不覚・再放送は見なくては)で見て、自分の中でこれは読まなくてもいいリストに入っていたものだった・・・。でも古着屋の友達、ちょっといいなあ。

エマ (1) エマ

森 薫
今更ですけど、メイドで眼鏡。いやー泣かせていただきました。美術館?に閉じこめられるとか現代劇でやられたらハア?と思いそうだけど、いや、わかっていたけどいろいろとすばらしい。エマがきっちりと色んな仕事をこなす姿がいい。働くっていいな!ていう。なるほど。

篠房六郎短編集 篠房六郎短編集
篠房 六郎
こちらもメイドが出てくるお話しだけれど、テーマはぜんぜん違ってとてもせつない。「やさしいこどものつくりかた」はとっちらかってもいるけどちょっと読んだあとボーとしてしまった。

のだめカンタービレ のだめカンタービレ

二ノ宮 知子
今更ながら全巻通して読んだ。ぎょぼー。しかし玉木宏・・・ううむ。
comments(0)
[ - ] スポンサーサイト 19:37
-
コメント











S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>